System Professional Fibra
back

COLOR SAVE
カラーセーブ

<カラーセーブ>カラーをしている髪を補修し、ヘアカラーの美しさや鮮やかさを長くキープします。

find out more about

フィブラクロム コンプレックスは、髪のキューティクル保護に優れた効果を発揮し、
カラーをした髪の色ツヤをしっかりと保ちます。
4つのパワフルな複合成分で、ヘアカラーとケラチンの本来の状態が損なわれない
よう守ります。

System Professional Fibrachrome Complex

ポリクオタニオム・ミツロウ

カラーリング後の色素を内部に閉じこめる

System Professional Fibrachrome Complex

UVフィルター* & EDDS*ヒスチジン

紫外線が引き起こすダメージをブロック
*オクトクリレン
銅イオンを封鎖し、ケラチンを保護
*エチレンジアミンジコハク酸3Na

System Professional Fibrabuild Complex

オリーブリーフ葉エキス

鮮やかさを保つ

フィブラクロム コンプレックスで、

ツヤめく髪色を長続きさせ、毛髪構造をしっかりキープします。

女性の65%以上は、カラーリングをしています。したがって、それぞれの髪に合ったカラーケアが非常に大切です。お客様はカラーリングのためにそれなりの出費をなさっていますので、できるだけ長く、できるだけ美しい発色のままキープしたいはず。カラーリングヘアは、毛髪繊維内部に色素分子を保ちつつ、同時に髪のケラチン構造を維持し、健やかな髪の成分を守る必要があります。健康な髪は染料をしっかりとキープし、髪色が長持ちします。

退色の原因

1. 銅

洗髪のたびに、水に含まれる微細な金属(具体的には銅)がフリーラジカルを発生させます。こうした銅は紫外線によって活性し、髪のケラチン(タンパク質)にダメージを与えます。カラーリング中は、酸化プロセスによってキューティクル表面が損傷し、髪の色つやが失われます。

2.水

カラーリングしたての新鮮な発色が失われる大きな要因は、シャンプーではなく水です。 髪には吸湿性があり、外の環境から湿気を吸収します。洗髪の際、髪は多くの水を吸収し、髪の直径が膨らみますが、その結果髪は弱く、ダメージを受けやすくなり、色素分子が失われます。だからこそ、洗髪中は、髪色をできるだけ長持ちさせる特別な成分を配合したカラーリング専用シャンプーやトリートメントを用いる必要があるのです。

3.紫外線

もう一つの原因が日光、具体的には紫外線です。髪に直接作用し、ダメージを与えます。さらに、塩素、海水(塩水)、高温のヘアケア用具、ドライヤーといったその他のダメージ要因などがカラーの持続を妨げます。 法則としては、髪が健康であるほど、カラーは保たれます。髪が多孔性になるほど、色素分子は髪内部に止まりづらくなります。ですから、高いケア効果が必要であり、それが「カラーセーブ」ラインのアイテムです。

Get System Professional

お取り扱いサロンはこちらより検索できます。

get system visual